大人ニキビができる原因 of 大人ニキビを治す

大人のニキビ予防法

008.jpg若い頃はほとんどニキビで悩まされることのなかった私ですが、むしろ大人になってから簡単にニキビができるようになり、予防や治し方探しに苦労しました。

正直、ニキビの治し方については市販薬を塗っても塗らなくても治る時間に差はなく、できるだけ刺激を与えないようにして体調を整えるくらいしか方法はみつかりませんでした。

しかし、予防法に関しては自分なりの方法が見つけ出せて、それ以来はほぼニキビができることはなくなりました。

その方法とは、ヒゲの処理をきちんとすることです。

それまでヒゲ剃りはシェービングフォームはつけていたものの、アフターケアは特にせず、頬などに伸びた一本だけ太い毛などはピンセットで抜いたりしていました。

どうもニキビはそれらのあとにできているらしく、特にヒゲ抜き後はかなりの確率でニキビができていました。

そこで、まずヒゲ剃り前にはローションをつけてしばらくおき、ヒゲを柔らかくしてから剃るようにし、カミソリも肌に一番優しい五枚刃に、ひと剃りするたびにフォームをつけ直すなど丁寧な処理を心懸けるようにしました。

剃ったあとはもちろん丁寧に水洗いしてローションをつけたあと、さらに乳液で保湿します。

ヒゲ抜きにいたっては絶対しないようにして、丁寧に剃り落とすようにしました。

これでよほど体調が悪くならない限り、ニキビはほとんど出ないようになりました。


大人ニキビができる原因

gf1420285920.jpg20代半ばを過ぎてからできる「大人ニキビ」の原因は、思春期の頃のニキビとは違います。

思春期ニキビは過剰に分泌された皮脂が原因になることがほとんどですから、洗顔で皮脂を落として肌を清潔な状態に保つことが大切です。

一方の大人ニキビも、洗顔やスキンケアが基本的なケアになるのですが、いくつもの要因がからみ合っていることが多く、思春期ニキビより色々なケアが必要になってきます。

たとえば、乾燥が大人ニキビの原因になっていることがあります。

年齢を重ねることで肌の保水性が落ちて水分量が減っていき、乾燥しやすくなります。

乾燥した肌を守るために皮脂が多く分泌されることで、ニキビができやすくなることもあるのです。

また、忙しくて不規則な生活になりがちですとホルモンバランスが乱れやすくなり、肌の状態が不安定になります。

外食が多いと油の摂取量が増え、ニキビに悪影響を与えることも少なくありません。

このように、大人ニキビの原因は色々なものが考えられます。

正しいスキンケアをしながら、生活や食事を見直していくことが必要です。